ブログ

青蓮寺のいちご狩り🍓1月5日からスタートです

2020.12.23

青蓮寺湖観光村では、2021年もいちご狩りが体験出来ます。

おすすめポイント

①園内のいちごが食べ放題

その場で収穫して食べるいちごはおいしさも格別。
※時間制限は約30分です。

②予約なしでも来園可能

青蓮寺湖観光村では開園期間中(1/5~5/23)、予約なしでご入園頂けます。予約制ではありませんので、お気軽にご来園下さい。
※いちごがなくなり次第、終了させて頂くことがありますので予めご了承下さいませ。

③ハウス栽培

雨の心配がいりません。

④地面より高い位置で栽培する高設置ベッド式栽培

衛生的で立ったまま楽にいちご狩りを楽しむことができます。大人の方でも腰をかがめることなく、じっくりいちごを堪能できます。
※時期によりご入園頂くいちご園の栽培方法が異なりますので予めご了承下さい。

⑤車椅子の方でも大丈夫

入園受付の際に車椅子の方がいらっしゃることをお知らせ頂ければ、車椅子でもいちご狩りができるいちご園にご案内させて頂きます。近年では、特に老人介護施設の方や障害者施設の方にも多くご利用頂いております。

※車いすの方は事前連絡をお願いします。

感染症対策について

青蓮寺湖観光村では上記の内容で感染症対策を実施しておりますので、ご入園の際はご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

ご予約・お問合せ先

青蓮寺湖ぶどう組合

青蓮寺湖ぶどう組合

〒518-0443 名張市青蓮寺976 山ゆり案内所
0595-63-7000

🍓青蓮寺湖観光村:いちご狩り案内ページはこちら🍓

秋のさつまいも堀りのご案内

2020.09.23

 ※2020.11.8 今年度の芋掘りは営業終了いたしました。 

食欲の秋です。

Mu~mu~marche(ムームーマルシェ)さんの、さつまいも掘りが始まりました🍠

今年は6種類のさつまいも!気持ちよさそうに育っています。

みんな大好き安納芋をはじめ、なめらか食感のシルクスイートや紅まさり、あいこまち、べにはるか、ひめあやか・・・どれにしようか迷いますね。

1株300円で掘れた量に関わらず、お持ち帰り出来ます🍠(シルクスイートは1株500円です)

これを掘りました。しっとり系の、ひめあやかです。
 
少しずつお芋の周りを手で掘っていくのがとっても楽しかったです。土も思っていたよりも柔らかい。
 
 

綺麗に掘れたねと褒められました!掘りたてのお芋、かわいいですね。1.5kgありました。

除草剤を使わずに手間暇かけて育てられていて、アレルギーのある方も安心して食べて頂けるとのことでした🍠食べごろについても農園の方に色々と教えていただき、食べるのも楽しみになりました。

バーベキューのプランをご予約して、伊賀牛や伊賀米を堪能するのもおすすめですよ。

さつまいも堀りパンフレット(PDF)

国道165号線から赤目四十八滝へ向かう道中にある農園で、アクセスも便利です。ぜひ遊びにきてくださいね。

※平日をご希望の方は、事前にお問合せください。

🌟トイレ、駐車場あり

問い合わせ:Mu~mu~marche(む~む~まるしぇ)
(有)手づくり農園電話:080-2403-6142・FAX:0595-64-5906

第1回🌟竹あかり親子体験ワークショップが開催されました。

2020.08.11

8月9日(日)に、第1回竹あかりワークショップが開催されました🌟

『なばり竹あかりSDGsプロジェクト』とは・・

この取組は、市内の長年放置された竹林を整備し、その間伐材を再利用して作った竹あかりを飾り観光誘客に繋げていこうというものです。子どもたちや地域の皆さん、学校や企業などひとりでも多くの方々に加わっていただき、自然環境への意識やふるさとへの愛情を育み、地域や世代を越えた交流による名張の元気と新たな文化の創造を目指しています。 

 

記念すべき第1回でした!新品のドリルです。工具はかっこいいですね。

はじめに「持続可能な環境保全、地域活性、観光振興」を目標としているこの竹あかりプロジェクトについて、動画でお勉強しました。『なばりん』が一連を解説してくれているところです。

 

動画を見終えるとさっそく作業開始です。

30cm程の竹に、好みのレイアウトで、絵柄を貼ります。絵柄の組み合わせは自由で、お子さんたちの個性が出ます。

すこし乾かしたら、絵柄の丸の大きさに合わせてドリルの芯を変えて、こつこつ一つずつ、まっすぐ穴を空けていきます。

ドリルでの穴あけ作業は結構楽しいものです。おうちでもなかなか経験しないことだと思うので、是非いろんな方に今後積極的に関わってほしいなあと思いました。

作業時間は1時間半くらいでしょうか。

親子共作の、世界に一つしかない竹あかりが完成しました!

穴を空け終えた竹の中にライトを入れてみると、オォ~となります。上手に出来ていますね。

作品にはお名前も書いてあり、模様も組み合わせが人それぞれなので、きっと秋の赤目四十八滝でも自分の作った竹あかりを見つけられると思います。

秋が来るのが楽しみですね。

赤目渓谷ライトアップイベント『幽玄の竹あかり』

開催期間:令和2年10月下旬~

開催場所:赤目四十八滝(赤目自然歴史博物館から不動滝付近)

詳細はまた後日お知らせします。お楽しみに。